HOME >> デューデリジェンス事業
デューデリジェンス事業
業務のご案内
エンジニアリングレポート
遵法性調査
特定建築物等定期調査
土壌汚染調査・有害物質調査
 
手続き関係書類
見積依頼書
業務委託約款
業務依頼書

「何でも相談室」開設しました。
 

 デューデリジェンス業務 

(不動産投資・取引に伴うエンジニアリングレポート)

  その不動産が投資適格かどうか判断するための事前調査であるデューデリジェンス。
J-REIT、不動産ファンド等法人を対象とした不動産売買・投融資等の不動産取引に伴って必要となる建築物等の調査=いわゆる「エンジニアリングレポート」をはじめとする依頼者の問題解決に繋がる各種調査報告書を作成いたします。
不動産取引には多くのリスクが存在しますが、ビジネスの世界では限られた時間と情報からより精度の高いリスク分析が不可欠。私たちは、高い専門性と中立性、そして迅速性を発揮し、お客様に満足いただける質の高いERを提供いたします。
 
 





 エンジニアリングレポート
不動産取引における建築物に関わる遵法性、劣化、地震、環境等の現況とリスク調査を行います。特に不動産証券化ではエンジニアリング・レポート作成において多数の実績があり、中立性・専門性・信頼性の観点から高く評価されています。
→ 詳細はこちら


 遵法性調査(建築基準法適合判定調査)
全国展開している業界トップの規模を誇る建築の専門家集団としての高い技術と豊富なノウハウを活かした遵法性調査は様々な場面で活用されています。保有資産、購入資産、担保資産等の遵法性リスクを把握するには最適です。
→ 詳細はこちら


 法定定期調査(建築基準法による特殊建築物等定期調査/省エネ法による定期報告等)
不適切な改修工事用途変更や劣化の進行により不適合状態になっている既存建築物が散見されます。管理会社に任せきりでなく第三者の調査会社で診断することをお奨めします。省エネ法の定期報告についてもご相談ください。

  建築基準法による特殊建築物等定期調査
    建築基準法に基づき、事故や災害を未然に防止するために建築物の敷地、構造及び建築設備について、国土交通省令で定める所により、その状況を調査し、報告いたします。
→ 詳細はこちら

 土壌汚染調査・有害物質調査
土壌汚染、アスベスト・PCB等の有害物質の環境リスクは場合によっては大きな問題を生じますので、予めの調査が必要です。
調査対象地における資料等調査(フェーズ1)、表層ガス及び土壌採取調査(フェーズ2)に対応し、 対象地の状況に応じた迅速かつ適確な報告をいたします。
さらに、汚染が発見された場合、実施されたフェーズ3調査の報告書を第三者機関の立場として検査いたします。
→ 詳細はこちら


Copyright © 2000-2017 ERI SOLUTION CO.,LTD. All Rights Reserved.