HOME >> インスペクション事業 >> 非破壊検査
インスペクション事業
'業務のご案内
建物現況調査
施工監査・施工状況調査
設計図書監査
非破壊検査
建物耐震診断
構造計算書検証

「何でも相談室」開設しました。
 

 非破壊検査 


 
構造体に関しては、確認図面通りに施工されていることを前提に、竣工時と比較した建物の劣化状況を目視により判断するのが一般的ですが、図面通りに施工されているかは外観ではわかりません。より、信頼性の高い報告書にするために図面と対象物件の整合性を確認することも必要な場合もあるかも知れません。
ERIソリューションでは、電磁誘導式鉄筋探査機・リバウンドハンマー式強度試験機による非破壊でのコンクリートの鉄筋の配筋状況・コンクート強度等の調査体制を確立し提供しています。非破壊による調査で構造図と現況との整合性を確認することにより、建物のより確かな情報を提供することで取引を円滑に進めることが可能です。
 
 


※ 調査に関しては構造図を提出していただけることが条件となります。


1. 調査項目について
<鉄筋コンクリート構造物>
1.
ひび割れ調査 ・・・・・ 目視調査
2.
断面寸法調査 ・・・・・ 目視調査
3.
鉄筋探査 ・・・・・ 電磁誘導式
4.
コンクリート圧縮強度 ・・・・・ 反発度法・コア抜き試験
<鉄骨造>
1.
断面寸法調査 ・・・・・ 目視調査
2.
溶接接合部 ・・・・・ 目視調査・超音波探傷検査
<外壁仕上>
1.
断面寸法調査 ・・・・・ 目視調査
2.
溶接接合部 ・・・・・ 目視調査・超音波探傷検査
3.
外壁タイル面浮き調査 ・・・・・ 打診調査・引張強度


2. 調査結果報告について
  現地調査の結果をもとに、報告書を作成し提出します。報告書は提出して頂いた構造図と比較し調査結果と相違がないかの判断をまとめたものです。調査結果は配筋状況・コンクリート圧縮強度を測定機を使用し推定したものですので、あくまで推定値であり、実際の状況と違う場合があります。より確実な配筋・コンクリート圧縮強度が必要な場合は破壊検査を推奨します。

※調査項目は、調査目的により個別でもかまいません、必ずしもセットでの調査とは限りませんが、より信憑性を高めるためにはセットでの調査を推奨します。また、構造図・構造計算書があれば構造計算書の検証調査も可能です。


3. 使用機材一覧(一部)
  鉄筋探査(電磁誘導式)

銅線を円形に巻いたコイルに交流電流を流すと、磁界が発生します(一次磁界)。
この磁界内に鉄筋が存在する場合、その鉄筋に誘導電流が発生し別の磁界が発生します(二次磁界)。
磁界を発生するスキャナーを移動して、鉄筋が発生する二次磁界の強さや変化を読み取ることにより鉄筋の配置・鉄筋カブリ厚推測値を推測することができます。
調







(例)



名称 日本ヒルティ株式会社  フェロスキャン  型番 PS200
原理 電磁誘導式
測定物 鉄筋(又はその他の磁性体:位置のみ)
探査範囲 ※広範囲の測定にはデータを結合して対応
探査深度 最大160mm(D25mmの場合)
精度
位 置
±3mm
かぶり厚
±10%
鉄筋径
±1φ

コンクリート強度推定(反発度法)

リバウンドハンマーに内蔵されているハンマーが、バネの力でコンクリート表面を打撃し、高分解能と高再現性を有する計測センサーで反発度(R値)をデジタルで表示します。この反発度(R値)を強度推定値に代入し、コンクリート強度を推定します。反発度法は、コンクリート表面の硬さを測定しますが、硬さと強度は同じではありません。コンクリート材令が進むに従い、反発度は大きくなりますがコンクリートは反発度に比例して増加しないため補正が必要になります。
調







(例)
1.圧縮強度は右の式で求めます。  F=α・FC
     F: 材令補正した後の最終推定強度
     α: 材令補正値
    FC: 推定圧縮強度
2.推定圧縮強度は次の式で求めます。
  FC=13R−184・・・・・日本材料学会式(例)
   ※R:左記測定データ(20点)の平均値



名称 PRCEQ社製  ディジシュミットU 型番 DIGI-SCHMIDT200N
原理 反発硬度法
測定物 普通ポルトランドコンクリート
※ プレストレストコンクリートの場合PC協会換算表使用により可能
測定範囲 10〜70N/u
推定式 日本材料学会式使用
※ 条件により他の式を使う場合があります



  業務のご案内  
株式会社ERIソリューション インスペクション事業部
TEL:03-5775-2494 FAX:03-3475-3730
E-mail: info@s-eri.co.jp

ダウンロード版(PDF)もご参照ください。

Copyright © 2000-2017 ERI SOLUTION CO.,LTD. All Rights Reserved.